槍穂高山歩山道話-2

槍穂山道の続きです。話NO-1の中でキレットの話を忘れました。この時初めてキレットを歩きました。奥穂と涸沢岳は以前歩いていましたが、南岳~北穂~涸沢岳の間はこの時が初めてでした。何故来なかったのか~タイミングが合わなかったのかな・・?自分に自信が無かったのかな・・・(正直なところそう思います)。雑誌の情報、友人達からの情報で怖い所、転落事故の多い所のイメージ先行してました。以前はガイドツアー山行を本気で考えてましたが、それでは楽しさ半減かなと思い、講習山行を重ねて経験を積んで今回の山行を計画しました。同行者に恵まれて、とても楽しい山行が出来たと思います。話は戻りましてキレットですが、南岳・獅子鼻からのザレた急下りから始まります。梯子が2箇所ありました。ガレ場は難しくはないけど落石は起こさないように慎重に下りましょう。浮き石が多いので少し滑るとザーッと行きます。最低鞍部まで降りてA沢のコル~長谷川ピークと続きます。長谷川ピークはナイフリッジを乗り越す時に落ちるのかな・・・?ちゃんと足ホールドを見て鎖または岩ホールドを掴んでいれば落ちないと思いますが、なぜか慌てたり、いい加減にやると正直落ちると下は無いので・・アッチ~!?!?!? かな・・。Shige達が通過する一週間前にも1名亡くなったそうです。やはり長谷川ピークで・・・合掌。最後の難関は飛騨泣きで、天気が良かったので登りがずっと見えるのも辛い。いや~本当に辛かったです。でも登れた時は嬉しかったです。この時凄い集団がいました。南岳の下りを落石起こしながら凄いスピードで下ってきます。Shige達が北穂に着いたのが14:00頃で、その一団は15:00前位に到着、日本人かと思ったら台湾からの団体さんでした。元気・・賑やか喋り声が大きい、そしてとても明るいです。足が血だらけになっている人もいました。あの激しい下り方ではやっても不思議はないかな~「大丈夫・・?」と聞きましたが、もちろんご本人もそして全員でOK! OK!の連呼です。賑やかな集団のリーダーは誰なのか・・?まったく不明、15:30にはバラバラと出発して行きます。涸沢に降りるのかと思えば穂高岳山荘へ行くと言います。え~マジ!、時間は・・大丈夫・・?と聞きましたが・・また全員でOKOK!の連発です。口々に「チャイニーズタイペイ」と叫びながら、気分を鼓舞して行きます。楽しそうです。まあ、足は強そうなので、スピードは大丈夫そうです。見た感じ経験は豊富そうで、装備、シューズも皆さん良い物を使っていました。こういう時に仕事の癖ですぐそういう所を見てしまいます。悪い癖です。
北穂高岳から見る槍
この後の情報でも事故情報は無かったようですから、無事歩けたのかな・・?日本の山でも異文化コミニケーションです。面白い時代になってきましたが、言葉が不自由・感覚が違う=コミニケーション不足=事故につながらないように注意しましょう。Shige達はビールビールと連呼し、飲むのが終われば、遠くの雷雲とメチャ綺麗な天の川を見て感激していました。北穂から先はもう少し待って下さい。
スポンサーサイト
Home |  Category:山道山旅話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

槍穂高山歩山道話-1

槍ヶ岳山荘から見る
(画像をクリックすると拡大します=今回の画像は古さんから頂きました。Shigeの画像は何処かに紛失・・??? 只今、捜索中ですが、見つからないので古さんお借りします)少し前の山歩話です。2006年8月22日~25日、3泊4日(前日夜行バス上高地朝着)で上高地~槍沢~槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳~前穂高岳~岳沢~上高地を小屋泊で楽しんできた時の思い出話です。
この時の山歩山仲間は古さん&藤さんです。山塾仲間で愉快な友人です。前日新宿発の夜行バスで22日朝上高地着、色々雑用を済ませて出発は7時半、徳沢~横尾~槍沢を詰めて肩の小屋まで歩きます。槍沢大曲くらいまではまずまずの天気が一気に崩れてきます。殺生ヒュッテ下辺りでは土砂降りでした。冷え冷えで手の感覚が落ちてきましたが、槍が見えてくると皆急に元気です。ただ見えてからの登りが長い長い、最後の急登はきつかったです。槍の小屋で一泊お世話になりました。翌日、槍に登って北アルプスの景色を堪能し、大喰岳~中岳~南岳~キレット~北穂と歩きました。
槍山頂から見る
槍の祠

これから行く穂高までの稜線を見ながらじん~としてきた事を覚えています。
大喰岳から見る槍

前日の槍沢辺りから藤さんに腰痛、キレット辺りからは古さんに膝痛と出てくる始末です。Shige持参のストック・サポーターを貸したりと色々大変でしたが、このお二人は飲む事になるとパワーが全開になるようで、北穂手前くらいからメチャメチャ早い、本当に痛いの・・・??? と疑いたくなりますが、この顔を見ると、まあ良いかな~!!!
良い顔してます
翌日は早朝発で行きたかったのですが、少し不安になってきたのと予備日を取ってありましたので、超豪華にも穂高岳山荘にもう一泊することにして、北穂ビールの宴は盛り上がります。こういう時の藤さんはとても饒舌ですね、よく喋る喋る関西人パワー炸裂です。古さんとShigeでテラスで話していると、小屋の友人スタッフ・シノさんが呼びに来てくれました。「食事しましたか・・・? 準備してありますので・・・。」と呼んでくれました。じゃ~部屋でおそらく寝ている藤さんを起こさなくてはと立ったところ、小屋のドアが開きます。藤さんが現れて「旨いね・・ご馳走様です。まだ飲んでるの~?」と・・・二人で顔を見合わせて・・? 「先に食べたの・・・?」、「仲間を確認しないで、先に食べたの~笑」、信じられません二人は無言で食堂へ入りました。その後、また古さんとテラスで山談義しておりましたら、スタッフ・シノさんがワインとコヒーをご馳走してくれるとまた呼んでくれました。せっかくのご好意ですから遠慮なく頂きましょうとなりましたが、藤さんは呼ばない事にしましょうと、意見一致、先に食事した報いだと・・二人で中に入ると、また先に座っていました。もう飲んでる・・・早い・・・呼んでないのに何で居るの・・?えぇ まったく恐ろしい人です。(ここで登場するスタッフ・シノさんは、奥多摩 御前山に同行してくれた季節労働者シノさんです。今年も北アルプスの、何処かの小屋で勤務らしいです)この続き北穂~奥穂高~前穂はまた後程いたします。
Home |  Category:山道山旅話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

自然拾得物天麩羅話

Shigeは何処も行けずの状態なので、山仲間の野遊び話です。畑さん&アキさんコンビが白馬方面に自然の恵み「拾得物」を天麩羅にするに参加されたので、画像を頂きました。
拾得物の天麩羅!?!?!?
この「自然の恵み」は本当にありがたく、とても美味しいです。Shigeも一度だけですが、所属会のイベント「某所クリーン」に参加したことがあります。場所は・・・???は言えませんが、山仲間の皆さんよくご存知の場所です。6~7年前の今頃ですね、ゴミ袋を片手に、もう一方にも袋を持ちまして、登山道~散策路を歩きながらゴミを拾います(あまり普段歩いている時は気にしないのですが、結構ありますねこの聖地にも・・)。その時に、山の恵みも少しいただきます。すれ違う登山者からは「ご苦労さん・・」と称えられ、恵みもいただく、なんと一石二鳥です。夜の宿では、早速に天麩羅にしていただき、美味しく頂きました。
背中を見せている畑さん、完全に食べる方に集中してますね・・!!! 美味しいですからね・・分かります
(画像をクリックすると拡大されます)。山の拾得物をいただけるのも、自然が豊かだからですね、でもとても弱いので守ることと、取りすぎ・・ ではなく拾い過ぎには注意して下さいね・・。何事も適当(適量)にが大事です。
親海湿原(およねしつげん)
親海湿原の新緑とミツガシワの花木道です。
白馬方面の山々
佐野坂方面から見る白馬方面です。白馬辺りをShigeはまだ一度も歩いたことがありません、スキーではよく行った場所なのですが、今年はちょっと無理かな~来年には山歩したいですね、畑さん&アキさん、画像ありがとう。またお願いします。新緑の香り
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

アキレス腱手術後抜糸話

本日26日、術後11日経ちましたので、縫った所から抜糸いたしました。それから、訂正?? 修正??かな、Shigeブログ「5/18 ギブス足話」の中で、手術の経験は無いと申してますが、足と腕辺りの縫製作業は含まれておりません、何度か縫製作業はやってます。入院は8年程前に頭蓋骨骨折と左鎖骨骨折をやりまして2ヶ月程入院していました。この時も悪運強しと言うか、なんと言うか手術は無かったのです。我ながらしぶといです。だから今回のように20cm近く切って縫製したのは初体験でした。
話は戻りますが、抜糸は糸ではなくホッチキスなのですね、噂は聞いていたのですが、自分が体験するのは初めてなのでビックリでした。それに、結構痛いです。ニッパーで切るときとピンを抜いている時なのかな、チクンと痛いです。医師が何度も、気分が悪くなったら言って下さいと言うし、看護師さんは見ない方が良いと言いますので、なぜかなと思いましたが、これは痛いです。終わった後に看護師さんが結構痛いでしょう・・昔の糸とは違うから・・と言ってました。来週6/2(月)にはギブスを外しましょうと言われましたが、本当に外してくれるのかな~??? まだ、謎です。あまり期待はせずにおきます。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

100kmウォーク完歩話

山仲間、Joyce & Martinが小田原~山中湖 100kmボランティアウォークを完歩しました。 おめでとう!!! Joyce & Martin !!! Tanuki Trailwalker 5月16日~18日標高差1200mの100kmの行程を48時間以内で完歩することを目指します。Shigeの勤務店にもかなりの参加者が来店していただき、購入していただきましたが、ほとんどの皆さん普段山歩きはされていない方ばかりの4人組みです。外国の方が多いのもこのイベントの特徴です。皆さん完歩出来ましたか・・??? 毎度、ありがとうございました。来年もよろしく、お願い致します。
Finish
Joyce & Martinは日本的に言えば山屋ですね、一緒に歩くと山の楽しみ方、自然への接し方の違い、守ろうとする姿勢はとても気持ちの良い感じです。異国の地に来て、人生を楽しんでいます。まだ、日本人にはあまりいないタイプかな・・?Martinの写真は面白い豊かな発想がありますね~勉強になります。ブログへリンクしていますので、覗いて下さい。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

縫った足

縫った足

今日は術後初めて診察に行きました。外にでるのも3日振りです。縫った箇所のチェツクの為に、グラインダーカッターでふくらはぎ側をカットしました。イヤーこうやって見ると凄い切ってますね、我ながらビックリです。一回目だと踵部分だけらしいですが、二度目なのでふくらはぎのかなり上まで切ってその付近の筋膜を「コの字」型にカット、折り返してアキレス腱周りの補強としたようです。診断は良好との事です。来週の26日には抜糸の予定です。汚い足を見せてすいませんでした。ではでは、また。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

ギブス足話

アキレス腱再断裂手術終了しました。Shigeは生まれてからこの年まで怪我は数知れずしてますが、手術の経験がまったくなく初体験でした。看護師さん医師は皆さん、昨日は眠れましたか・・・?と気を使ってくれますが、本人は特に不思議と緊張も無く良く眠れました。辛かったのは禁食ですね、前日の就寝時間から術後翌日の朝までまったく食事無し、飲み物も全て禁止でした。食事はまだ良いのですが飲み物禁止は結構辛かったです。18日の午後が手術日でしたが、始まったのは15時15分位かな、腰椎麻酔をされていてうつ伏せ状態です。実際は始まった時間も知りませんでしたが、Shigeの近くにいて姿勢の世話をしてくれるS看護師さんがいたのですが、「痛くありませんか・・?」と聞くので、何も感じませんと答えました。あの~もうやってるの・・?と聞きますと、「はい始めて15分経ちます。」 あれあれ・・・? もう、やっての・・・? まあ、それから2時間掛かったのですから、この世話係看護師さんも大変ですね、色々Shige の姿勢を見ながら、音楽の好みまで気にしてCDを変えてくれます。ERドラマの影響ですかね、悪いことではないので、とても助かりました。
ギブス足
アキレス腱手術報告でした。

Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

Shigeの昼飯話

Shigeの好物はカレー・・基本的に日本の正統派変なオヤジですから、どうしても週に一度は何処かでカレーを食べます。御茶ノ水勤務なので食べる所は不自由無しですが、美味しい&安い所は意外に少ないのです。高くても最近は質(食材の高騰も有りますかね・・・)が落ちてます。何か手抜きが多い感じです。今日紹介する食堂は「キッチン南海」、本来は定食屋さんのチェーン店(?)だと思っていましたが、ここの南海さんはカレー専門、超早業でカッカレーも出してくれます。そして、安い&旨いです。
キッチン南海
Shige はだいたい14時前後に行きますが、30分頃では完売閉店していることがあります。15時ではほぼ確実に食べれません、20席も無い店内ですから、相当に回転率を上げないとオバちゃん3~4人の給料分も稼げないと、余計な詮索をします。値段はカレーが¥500、カッカレー¥650、あと2~3品位のメニューです。Shigeは最近、普通のカレー&キャベツ好きです。黒いカレーです。
カレーとキャベツ
ライスはノマールでも多いですが、希望すれば中盛りと大盛りもあります。大盛りを食べたことがまだありません。中盛りでも最後は結構辛いですから、やめときます。味はお勧めです。御茶ノ水駅聖橋口を小川町方面に下ってくると右側で営業されてます。土日祭日は休みだと思います。お勧めのカレー屋さんです。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

山用品話-1

新商品紹介・・?? んん、それほどのコーナーでもありませんが、少しづつ新商品&お勧め道具を紹介してみたいと思います。ただし、これはShigeの勝手な独り言コラムですから、ご理解下さい。
まず一番目は山用ストック・レキです。スキーの分類でもかなりのシェアを占めているのかな・・?違う分野なのであまり知らないのですが、勤務地辺りのスキーショップではよく見ます。Shige の紹介はトレッキングストックです。ストックを使う目的は、ご存知の通り山歩行時の補助、膝の保護、体のバランス確保、両腕を使うことでの全身運動となる・・・なんてことが言われてます。使ってみれば、その効果が高いことはすぐ体験出来ると思います。一度、使い出して慣れてしまうと、無い場合、怖くて歩けなくなってしまう方もおられます。人間は不思議ですね、体が欲してしまう。本当・・・に、業界としてはとてもありがたい話です。Shigeも10年位前から山復活した時に紹介されて、代理店さんから1本サンプルを頂きました。ちょうど歩き過ぎで右膝が少しチクチク痛い時期でしたので、さっそく試しました。非常に良好です。快適で、下りの痛さから解放されました。しばらく使用してましたが、徐々に筋肉が落ちていくような気がしてきましたので、5年程前から通常使用を止めました。長い山歩、スノーシュー等では使用しますが、他ではあえて自分禁止してます。
大分、余談が長くてすいません。そのレキストックが4年振りかな・・?モデルチェンジしました。今回の変化変身はストラップとサスペンションです。よく聞かれるのが、なぜレキは価格が高いの・・?他社と何処か違うの・・?ダブルとシングルはどちらが良いの・・?ですが、なぜ高いのかは・・Shige も分かりません。確かに高いですね・・ダブルストックだと2万円を超えます。カーボン材質だと3万円を超えます。ちなみK社では1本約4千円、高いモデルでも6~8千円前後ですから倍以上しますね、確かに高い、でもお勧めはレキです。違いはストラップかな・・サスペンション・バランス・締め易さ緩め易さでしょう。今日は時間が無くなってしまいましたので、後日再度詳細をUPします。画像は3枚紹介します。仕事に行かないと、遅刻遅刻、御免なさい・・・。
ストラップロック
解放
小型のサスペンション

遅くなりました。前項の続きです。
画像の説明ですが、一番上はストラップをロックした状態です。旧モデルはこの状態で長さ調整をしましたが、現行モデルは出来ません。何故変えたのか・・?二番の画像はロックを解放した状態です。長さ調整はこの状態で行うのですが、少し硬い感じを引っ張るとパコンと外れます。これは、歩行中に木の根、岩の間に挟まってしまった時に解放されます。今までは引っかかると抜けなくて危ない時がありましたが、この機構で少し減ると思います。でも。突く時に注意する事に、変化ありません。最初から引っかかりそうな所には突かないが基本です。一番下はサスペンションの位置です。今までは二段目に有り、もう少し太かったですが一番下段にすることで軽量化と収納時に短くなりました。使う時のバランスも良いと思います。NEWモデルの耐久性はこれからの状況をよく確認しながらまた報告致します。次回からはもう少し簡潔に紹介します。長くて御免なさい・・・。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

術日変更話

連休狭間の平日5月2日、本来は勤務日なのですが、手術してしまうと動けなくなりそうなので雑用処理日にとして休ませてもらいました。ついでに手術日も変更して1週間延期、14日入院で15日術日です。仕事と休み都合理由で遅らせてもらいました。

手術話の公開で皆さんから励ましをブログコメントとメールで沢山頂きました。ありがとうございます。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Shigemichi

Author:Shigemichi
職業は販売業(小売業).平会社員.本人としては仕事一筋のつもりですが、山好きのため連休が多くいつも居ないと思われています。休みの数は他スタッフと同じなのですけど・・。山を立体的に登りたいと、沢登り・藪漕ぎ・岩登り・冬山をはじめました。その面白さにはまってます。リンク大歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking

過去ログ
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト

PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
RSSフィード