鷹取山岩登り話

10月某日、三浦半島 鷹取山へ友人6名と岩登り遊びに行きました。天気は快晴、さすが湘南??、違うかなでも暖かい風が来ます。日和田や越沢では考えられない優しい風です。
子不知南面・戸田ハング

スポンサーサイト
Home |  Category:岩登り岩歩き |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

武甲山山道山旅話

武甲山登山口
10月某日、友人6名と秩父の名峰? 武甲山山道散歩へ参りました。
Home |  Category:山道山旅話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

大菩薩嶺山道山旅話

丸川峠

10月14日某日、友人3名と丸川峠回りで大菩薩嶺へ参りました。
Home |  Category:山道山旅話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Pizza Pizza

【PR】


『アメリカンな雰囲気で、思いっきりピザやパスタを食べまくりたい!!』
という気分の時は『シェーキーズ』で!

サクッとクリスピーな食感のアメリカンタイプのピザ食べ放題です。
10月の「月替わりメニュー」は、もやしに天かす・紅しょうがを
トッピングした『TAKOYAKIピザ』。
平日は16種類のレギュラーピザ、季節のピザ、フライドポテト、
ビーフカレーが787円で食べ放題。(一部店舗では、価格・内容が異なります。)

※店舗によっては更にサラダバーがついた土日祝日限定ホリデーバイキングを
実施中。

お得なシェーキーズのバイキングで思いっきり食べまくってください。
Home |  Category:独り言 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

身ひとつ 荷ひとつ 山むげん

友人からプレゼントされた本話、題名「身ひとつ 荷ひとつ 山むげん」です。最初はあまり関心が無かったので、本棚に眠っていたのですが、パラパラとめくっていると目次に「白根三山縦走記」が目に入りました。先日行ったばかりの場所だったので読み出しました。読んでみると
作者の見識の広さが良く分かります。山に登るだけではなく、その歴史・文化などを紹介してくれます。Shigeに一番足らない物ですね、どうしても登り一遍等になってしまうので、それを見かねたzawawaさんがくれたのかな・・・?
身一つ ザック一つ 山は無限に広がる。現代社会はごたごたと色々なしがらみ、人間関係に縛られて考え過ぎてしまいます。行き詰まった時は、スイッチを一度offにして全消去してしまい、山に行きましょう。スッキリして再起動すると不思議とスイッチonで問題解決なんて無いかな・・。無いですね・・やはり、問題は一つ一つ潰して行かないと出口は見えて来ないですね、急いでは行けないです。まず一歩前へ、そして登れ登れ!!! 頑張ろう!  
Home |  Category:山旅 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

八海山屏風道八ッ峰歩き

10月5日~6日某日、新潟 八海山屏風道から登り八ッ峰を歩いて参りました。参加は友人4名、天気は最高でした。
屏風道登山口
前泊のペンションオーナーに車で屏風道登山口まで送っていただいてスタートいたしました。
四合目清滝
四合目から鎖場岩登りの連続です。難易度はたいしたこと無いのですが、濡れているので少し嫌な感じです。岩登りをやっている方は問題ないと思いますが、やはり一般登山道ばかりの方は少しトレーニングしてからの方が良いと思います。連続してくるので緊張感の維持が大変だと思います。
鎖場連続

紅葉の始まり

越後駒ケ岳

なんでこうなるの? 護摩段岩

不動岳から地蔵岳方面を見返る

不動岳辺りの下降

クライマー スズリー

大日岳(八ッ峰主峰)

危ない巻き道
大日岳を登ってから巻き道で周遊して千本桧小屋へ戻ります。難しい道ではないのですが、油断するとサイドは無いので落ちます。途中ですれ違った若者集団は山靴を履いている人、普段用のおしゃれブーツの女性と色々でした。携帯電話で「私、今携帯で話しながら歩ける様な状態じゃないのよ・・・」と嬉しそうに話ながら歩いてます。Shigeは思わず注意しましたが、睨まれて無視されました。
千本桧小屋

草紅葉

八ッ峰
上の方に八ッ峰のギザギザ見えます。なかなかの山でした。八海山! スズリーさんナイスリードでした。あまりの早い登りに唖然です。同行長老・カトウ君・平さんありがとう。とても楽しい山行でした。
Home |  Category:山道山旅話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

赤岳山道話

9月25日~26日某日、友人3人と赤岳山道散歩してまいりました。
赤岳鉱泉へ向かう
茅野駅からタクシーに乗って美濃戸口へ向かい、赤岳鉱泉へ山道を歩き出す。天気はまずまずかな、美濃戸口から3時間30分で赤岳鉱泉へ到着しました。夜は十五夜の月がみえるかな・・・?
ミヤマオダマキ?

赤岳鉱泉前

行者小屋
赤岳鉱泉を7:00前に出発、行者小屋でトイレタイムしていよいよ地蔵尾根から赤岳を目指します。樹林帯を抜ける辺りから北アルプスが見え出しました。
北アルプス連峰
大キレットも槍も見えます。八ヶ岳初めての同行友人たちの歓声があがります。確かに今日の眺めは凄いかも・・・!地蔵尾根を9:00に登り切り、展望荘で一休みして頂上を目指します。赤岳山頂着は10:15でした。下山は県界尾根を使います。いきなりの急降下で同行者が少しビビリ気味です。次の下降場所から簡易ハーネスを作ってロープ確保で下ります。安心したのか皆さん安定してきました。気持ちの問題と思いますが、確保されている安心感かな・・?
雲海と富士山

赤岳

赤岳頂上小屋テラスから見る山頂

鎖場下降

良いですね富士山

県界尾根を下りて赤岳山道は終了しました。下山時刻は15:45でほぼ予想通りでした。途中でロープ使ったりしていますから、良いタイムでしょう。幹事長・米さん・淑恵さんお疲れ様でした。とても天気に恵まれて、メンバーに恵まれて楽しい山道歩きでした。ありがとう!また、何処かの山で会いましょう。
Home |  Category:山道山旅話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

電車ドア道

電車列車の移動が好きです。昔は車移動ばかりでしたが、今はなるべく列車で移動します。なぜかな~? 単独が増えたからでもないし、特にエコに拘っている訳でもないのですが、なるべくゆっくり景色見ながら、人を見ながら移動したいと最近は思います。年なのかな~? 去年、転職しまして毎日2時間(往復計)は通勤に使います。割と空いた時間になるのですが、人を見ていると面白いのです。まあ自分も見られているのですからお互い様です。席の座り方、立ち方、スタイル、服装、シューズ&ザック&バック(現在の仕事が靴とザックなので関心高い)、人それぞれの通勤通学スタイルがあって面白いです。山行移動中の列車も面白いです。性格が完全に出る瞬間ですかね、特に女性のグループが面白いです。仲間と同席に拘る方、そなこと気にせずさっと空いた席に座る方、のんびり少し経って空いた席に座る方、きっと実生活でも同じなのだろうと推測します。別に批判しているのではなく、人それぞれで面白いと思っているだけです。あとはパニック時の慌て方が面白いです。去年の2月かな一人JR中央線で塩山へ向かう時、冬は相模湖辺りからドアが手動開閉になりますが、駅に着いて男性2名出張スタイルです。Shigeは車両の先頭に座っていましたが、2名は一番後ろです。ドアが開かず慌てています。遠いので最初何をしているのか分からず、あれ~早く開けないと・・・と思っている間にガタンガタンと動き出します。慌ててドアに先輩風の方が取り付きますが当然もう開きません、電車の中を右往左往です。携帯を取り出して電話していますが、なかなかつながらない感じです。また次の駅に着きました。今度はShigeの横ドアに立ちましてまた待っています。また慌てていますがドアは開きません、そこでShige天の声が聞こえました。「ドア手動だから引かないと・・開かないよ・・」、先輩キョトンしてます。若手の方がドアを引きます。開きました。嬉しそう! 「助かりました。ありがとう」と下車されました。笑い! 人間は固定観念に拘り過ぎると動けなくなるのですね、山登りもそうですが臨機応変に何事も対応したいものです。押しても駄目なら引いてみましょう!!
Home |  Category:電車列車道 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ボルダー遊び

雑用処理日(結構重要な一日)の一日は、のんびり昼までだらだらぼーつと寝てるが以前のShigeでした。最近は昼からジム遊びが加わって非常に忙しい一日です。午前中に全ての雑用を処理しなければならないのでほとんどが仕事日と変わらない時間に外出、処理を終了後錦糸町か荻窪どちらかの室内壁ジムへ行きます。友人達と登ったり、独りでちまちま登ったり降りたりと遊びます。ボルダー遊び
通いだして3年ほどになりますかね、まあ当初よりは登りが上手くなったかな~・・。まだ初級と中級の狭間を抜け切れませんが面白いです。他の人があっさりとクリヤー出来るのにShigeレベルでは核心が超えれない、何処でこの体バランスを移動するのか? 分からない難しいです。何度か挑戦しあれ出来た・・! 再度挑戦するとまた落ちる・・?この何とももどかしい知恵の輪みたいなスポーツが少し分かりだしてきたかな・・もう5キロ痩せるのが一番の近道と分かっているけど、なかなか落ちないのです(体重です)。また来週も行こうかな~。(画像の方はShigeの友人です)
Home |  Category:ボルダー遊び |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

山道走り話

9月21日某日陣馬山~高尾山口まで某社のトレランクリニック(用品販売会社主催の勉強体験会かな・・?)に参加して参りました。Shigeは前日南アルプス白根三山歩きから帰宅したばかりなのでほとんど歩きばかり、疲れましたけど面白かったです。講師は横山さん(山岳マラソン・アドベンチャーランナー)、スリムでしなやかに山の中を登りも下りも信じられないスピードでテンポ良く駆け抜けて行きます。Shigeは喘ぎとドシドシどたどたと音はすれど前に進まず情けない走りでございました。他の参加者も早い早い、信じられない~! 掛け声とともに見えなくなります。Shigeはほぼマイペースで歩いて走って(たまに少しだけ)ですが、横山さんから紐の結び方、登りの走り方、階段の下り方を教えていただいてかなり参考になりました。高尾トレランクリニック

何年か前に某社のサポートタイツ試着会(奥多摩三頭山辺りを走りました)の時にも横山さんにお世話になり、2年後?に長谷川カップ(前日からの大雨で泥沼と化した奥多摩の山をタフネス走りで優勝)を勝利された時に本当に凄い方だなと思いましたが、07年大会はどうでしょうか?
勝負は時の運もあります。怪我ばかりして「駄目かな~と」独り言を言われてましたが、ご健闘をお祈り致します。しかし疲れた山頂から下り走りは約40分でした。15名参加中でほぼブービーでした。来年はハセツネ出ちゃおうかな・・・? アホ・・・やな
Teva FOOTWEARフェア
Home |  Category:山道走り話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Shigemichi

Author:Shigemichi
職業は販売業(小売業).平会社員.本人としては仕事一筋のつもりですが、山好きのため連休が多くいつも居ないと思われています。休みの数は他スタッフと同じなのですけど・・。山を立体的に登りたいと、沢登り・藪漕ぎ・岩登り・冬山をはじめました。その面白さにはまってます。リンク大歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking

過去ログ
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト

PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
RSSフィード